唱歌「ふるさと」の作詞家、高野辰之のふるさとに行きました

『高野辰之』って知っていますか?
現在の長野県中野市出身で、数多くの唱歌、名作を作った作詞家です。
「ふるさと」「春の小川」「春がきた」「もみじ」「朧月夜」
皆さん子供のころ、歌った記憶があるのじゃないですか?
先日用があり、高野辰之のふるさとの地へ行きました。
その時に撮った何枚かをご覧ください。
(撮影はEOS40D + EF24-70 F2.8Lです)

c0198351_10183692.jpg
 ↑高野辰之記念館前にある石碑です。

c0198351_1019028.jpg
 ↑彼の実家からほど近い真宝寺の脇からこんな散歩道がありました。

c0198351_10191735.jpg
 ↑あとから知ったのですが、写真に写っている釣鐘は『朧月夜』の「かねの音」のモデルとされているようです。
 釣鐘だけ単独に撮っておけばよかった。。。

c0198351_10193740.jpg
 ↑↓道を進むと、このような石碑があります。
c0198351_10195440.jpg


c0198351_10201448.jpg
 ↑真宝寺のすぐそばにある、橋にこのようなものがありました。
 左から順に叩いていくと、『ふるさと』の曲になるそうです。


はるか昔のこの地から数々の名作が生まれたのですね。

とても落ち着いた時を感じられました。
たまにはこういったところに行くのもいいもんですね。


「ブログ村」ランキングに参加しています!
      ↓ 励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ




c0198351_10223374.jpg


c0198351_1023233.jpg


「ブログ村」ランキングに参加しています!
      ↓ 励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
[PR]

  by toshipho | 2009-07-11 10:43 | スナップ

<< 春に撮った花写真をご覧ください 太陽を食らう男! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE